一般社団法人日本リサーチ総合研究所
>>調査概要

消費者心理調査  (No.109〜227)

No.227 ほぼ横ばい足踏みとなった消費者心理 先行き景況感の改善は続くも勢いは弱まる 2016.0915
No.226 かなり前進の示された消費者心理 景況感は持ち直し、物価安定の見通しが強まる 2016.07.15
No.225 小幅な悪化、先行き後退も懸念される消費者心理 物価上昇見通しが増加に転じる 2016.05.17
No.224 ほぼ横ばい底堅さの感じ取れる消費者心理 先行き景況感は悪化、物価上昇は減少が続く 2016.03.14
No.223 景況感は好転も半歩後退の消費者心理
物価上昇見通しは2調査連続で減少 2016.01.15
No.222 再び前進、明るさを取り戻す消費者心理
雇用・収入の見通しは揃って回復に向かう 
2015.11.16
No.221 小幅な悪化となった消費者心理 雇用・収入見通しの回復も弱まりを見せる 2015.09.14
No.220 続伸、改善の進んだ消費者心理 収入の見通しは回復に向けて前進 2015.07.13
No.219 改善も力強さの乏しい消費者心理 失業不安は回復に向かい、収入見通しの後退も歯止め 2015.05.18
No.218 弱含み、依然慎重な消費者心理 景気見通しは連続で改善、失業不安も好転の兆し 2015.03.16
No.217 小康状態、先行き不安の残る消費者心理 依然4人に3人は物価上昇を見通す 2015.01.16
No.216 後退懸念を強める消費者心理 物価上昇見通しが1年ぶりに8割に達する 2014.11.13
No.215 ほぼ横ばい足踏みの消費者心理 景気の先行き見通しは再び後退へ 2014.09.11
No.214 3調査ぶりの改善となった消費者心理 景気見通し指数は増税前の水準を回復 2014.07.16
No.213 景気見通しの後退で消費者心理は小幅な悪化 高止まりの物価上昇見通しは一段落 2014.05.16
No.212 消費増税を前に足踏みの消費者心理
物価上昇見通しが再び強まる 2014.03.13
No.211 3調査ぶりに改善の見られた消費者心理
雇用、収入見通しも緩やかながら改善へ 
2014.01.16
No.210 消費者心理は2調査連続の後退
5年ぶりに8割を超えた物価上昇見通し 2013.11.13
No.209 消費者心理は4調査ぶりに後退
景況感は2調査連続で大きく悪化
2013.09.13
No.208 勢いは弱まるも消費者心理は3調査連続の改善 急回復していた景況感の見通しは一服 2013.07.11
No.207 ほぼ12年ぶりの水準まで改善となった消費者心理 物価上昇見通しは7割を超える 2013.05.16
No.206 景況感の急上昇により大きく改善した消費者心理 雇用・収入見通しにも回復の兆し 2013.03.12
No.205 震災後の最悪水準に迫る消費者心理 先行きの景況感は震災前の水準を回復 2013.01.11
No.204 連続の後退となった消費者心理 景況感や雇用見通しは8月から悪化 2012.11.12
No.203 一進一退の続く消費者心理 景気の先行きや雇用見通しは緩やかに改善 2012.09.10
No.202 再び改善、持ち直した消費者心理 失業不安や収入減少見通しがわずかに好転 2012.07.10
No.201 4調査ぶりに後退した消費者心理 失業と収入減少への不安が高まる 2012.05.11
No.200 消費者心理は小幅な改善 3調査連続の改善となった生活不安度指数 2012.03.09
No.199 消費者心理は2調査連続の改善
高止まりの物価上昇懸念が大きく後退 2012.01.11
No.198 消費者心理はわずかに改善 景気見通し指数が8月から改善 2011.11.09
No.197 先行き不安の高まりから消費者心理は大きく後退 景気見通し指数は6月から横ばい 2011.09.30
No.196 景況感の悪化に歯止めがかかり、消費者心理は小幅な改善 生活不安度指数は震災前の水準に 2011.07.29
No.195 景気悪化見通しの高まりで不透明感の漂う消費者心理 物価[上昇]懸念は7割に迫る 2011.06.30
No.194 消費者心理は小幅な悪化 物価[上昇]懸念が急速に高まる 2011.03.31
No.193 消費者心理は3調査ぶりに改善 悪化の続いた景況感は10月から横ばい 2011.01.31
No.192 消費者心理はわずかに後退 先行き景況感は2調査連続で悪化 2010.11.30
No.191 消費者心理やや後退 景況感は悪化し、収入減少不安が強まる 2010.09.30
No.190 消費者心理は大きく改善 生活不安度指数は3年ぶりの水準まで回復 2010.07.30
No.189 消費者心理は小幅悪化 景況感と収入見通しは緩やかに改善 2010.05.31
No.188 景気と雇用の先行き不安が薄らぎ大幅に改善した消費者心理 生活不安度指数は2年ぶりの水準まで改善 2010.03.31
No.187 景気と雇用の先行き不安で再び悪化に転じた消費者心理 物価の先行き下落見通しも強まる 2010.01.29
No.186 最悪水準ながらも小幅な改善となった消費者心理 収入減少の見通しは強まる 2009.11.30
No.185 先行き景況感の足踏みからほぼ横ばいの消費者心理 雇用・収入見通しもほぼ横ばい 2009.09.30
No.184 景況感の持ち直しから改善に向かう消費者心理 失業不安見通しは依然高水準 2009.07.27
No.183 雇用と収入見通しは依然厳しいものの最悪期を脱しつつある消費者心理 物価の先行き下落見通しが増加 2009.05.26
No.182 過去最悪水準で推移する消費者心理 収入の先行き減少見通しが5割に迫る 2009.03.26
No.181 雇用と収入の見通し悪化で過去最悪を更新した消費者心理 景況感の先行き見通しも過去最悪に 2009.01.30
No.180 悪化はひとまず止まるも不安の残る消費者心理
生活不安度指数は依然過去最悪の水準 2008.11.28
No.179 過去最悪となった消費者心理 景気見通しも過去最悪を更新、物価上昇懸念は高止まり 2008.09.30
No.178 過去最悪の水準に迫る消費者心理 景気見通しは過去最悪となり9割が物価上昇を見込む 2008.07.31
No.177 大幅な悪化となった消費者心理 生活不安度指数は5年4ヶ月ぶりの水準まで悪化 2008.05.30
No.176 ほぼ横ばいも弱含みの消費者心理 先行きの景況感は一段と悪化、物価上昇懸念も依然高水準 2008.03.28
No.175 ほぼ横ばいも不透明感残る消費者心理 先行きの景況感と物価上昇への不安は一層強まる 2008.01.31
No.174 不透明感の増した消費者心理 物価上昇懸念は一層強まる 2007.11.30
No.173 改善に停滞のみられる消費者心理 雇用・収入見通しは横ばいながら、景況感の後退、物価上昇懸念の高まり 2007.09.27
No.172 足踏みとなった消費者心理 景況感が後退し、物価上昇懸念が高まるも、生活不安度は横ばいで推移 2007.07.31
No.171 改善の続く消費者心理
景況感が改善し、失業・収入減少の不安は和らぐ 2007.05.30
No.170 改善の兆しがみえる消費者心理 失業不安は後退、収入見通しも改善に向かう 2007.03.28
No.169 横ばいの状態にある消費者心理 失業不安は後退するも、収入見通しの足踏みは続く 2007.0126
No.168 物価見通しの改善により消費者心理に落ち着き 物価上昇懸念は一段落、景況感は改善へ 2006.11.29
No.167 物価上昇を受け消費者心理にかげり 物価上昇見通しは一段と高まる 2006.09.26
No.166 将来にまだ確信の持てない消費者心理 雇用見通しはやや改善も、物価見通しは上昇 2006.07.21
No.165 改善が立ち遅れる消費者心理 景気見通し指数は過去最高水準に到達 2006.05.25
No.164 依然横ばいが続く消費者心理 景気見通し指数は約10年ぶりの高水準 2006.03.24
No.163 ほぼ横ばいが続く消費者心理 景況感は引き続き改善 2006.01.24
No.162 ほぼ横ばいとなった消費者心理 景況感は大きく改善、物価見通しが引き続き悪化 2005.11.22
No.161 ひとまず後退した消費者心理 景況感と物価の見通しが悪化 2005.09.20
No.160 好転大きく改善した消費者心理 景気、物価、雇用、収入の見通しがいずれも改善 2005.07.19
No.159 小幅な悪化の続く消費者心理 物価上昇懸念が再び大幅に増加 2005.05.24
No.158 一進一退弱含みの消費者心理 景況感の見通しは横ばい、雇用見通しはやや悪化 2005.03.18
No.157 足踏み状態にある消費者心理 家計の内部環境見通しはやや改善するも、外部環境は一段の悪化 2005.01.18
No.156 一歩後退となった消費者心理 10月は景気と物価の消費者見通しが悪化 2004.11.16
No.155 再び改善へと踏み出した消費者心理 消費者の景況感が再び上昇 2004.09.21
No.154 足踏みする消費者心理 所得と雇用の見通しはやや改善の一方、景気見通しはやや悪化 2004.07.26
No.153 引き続き改善した消費者心理 消費者の景況感は3年半ぶりの高水準に 2004.05.21
No.152 一進一退を続ける消費者心理 景気見通しは再び改善 一方、物価上昇懸念は増加に 2004.03.22
No.151 後戻りした消費者心理 景気の先行き見通しに翳り 2004.01.26
No.150 持ち直してきた消費者心理 回復の兆しが見える失業不安と所得見通し 2003.11.14
No.149 小幅の悪化となった消費者心理 景況感は引き続き改善、失業不安と所得見通しは依然厳しく 2003.09.19
No.148 悪化傾向に歯止めがかかった消費者心理 1年2ヶ月ぶりに増加した消費者の景気見通し 2003.07.28
No.147 過去最悪水準となった消費者心理 収入減少の見通しは過去最悪の5割超 一方、物価上昇懸念増加 2003.05.23
No.146 さらに悪化した消費者心理 生活不安度指数は過去2番目に悪い水準 2003.03.13
No.145 悪化に転じた消費者心理 収入減少の見通しは過去最悪の水準 2003.01.16
No.144 明暗入り混じり横ばいとなった消費者心理 消費者の景気見通しはさらに悪化 2002.11.19
No.143 8月に一歩後退した消費者心理 先行きは、悪化に向かう懸念も 2002.09.20
No.142 引き続き改善した消費者心理 生活不安度指数は依然として極めて悪い水準 20020.7.15
No.141 好転しつつある消費者心理 依然として極めて悪い水準を脱しておらず、先行きはなお不透明 2002.05.17
No.140 ひとまず悪化に歯止めがかかった消費者心理 依然として極めて悪い水準 2002.03.12
No.139 さらに悪化した消費者心理 生活不安度指数は8月、10月に続き過去最悪水準を更新 2002.01.17
No.138 悪化が続く消費者心理 生活不安度指数は8月に続き過去最悪水準を更新 2001.11.13
No.137 再び大幅に悪化した消費者心理 生活不安度指数は過去最悪水準を更新 2001.09.17
No.136 ひとまず改善した消費者心理 生活不安度指数は8ポイント低下(改善) 2001.07.16
No.135 大幅に悪化した消費者心理 生活不安度指数は8ポイント上昇(悪化) 2001.05.17
No.134 一段と後退色の強まった消費者心理 2年ぶりに過去総平均の水準を下回った国内景気見通し指数 2001.03.15
No.133 先行き不透明感の強まった消費者心理 悪化した消費者の景気見通し 2001.01.16
No.132 足踏みする消費者心理 先行きに不透明感の出てきた消費者の景気見通し 2000.11.13
No.131 緩やかな回復が続く消費者心理 自動車と耐久財の買い時感は、約4年ぶりに過去総平均を越す水準 2000.09.11
No.130 緩やかな改善に向かう消費者心理 生活不安度指数は2年4ヶ月ぶりに130を下回る水準 2000.07.14
No.129 わずかに改善した消費者心理 求められる失業見通し・収入見通しの回復 2000.05.22
No.128 改善した消費者心理 昨年8月以降は厳しい水準で一進一退 2000.03.17
No.127 再び悪化した消費者心理 消費者の景気、失業、収入に対する見通しはいずれも悪化 2000.01.13
No.126 改善に向かう消費者心理 収入・失業の見通しは依然として非常に悪い水準の中、強まる景気回復への期待 1999.11.15
No.125 改善が足踏みとなった消費者心理 景気見通しは再び改善、一方、依然として最悪水準が続く収入・失業の見通し 1999.09.10
No.124 一進一退が続く消費者心理 4月からやや改善 1999.07.12
No.123 改善が進まず停滞した消費者心理 1999.05.17
No.122 消費者心理に改善の兆し 購買態度は改善、失業見通し、収入見通しは、なお最悪 1999.03.15
No.121 過去最悪の水準で停滞する消費者心理 消費者の景気見通しにはわずかに改善の兆し 1999.01.12
No.120 過去最悪を更新した消費者心理 一段と進む消費マインドの萎縮 1998.11.17
No.119 過去最悪となった消費者心理 消費者の収入見通し・失業不安は6月に引き続き過去最悪を更新 1998.09.10
No.118 冷え込みの続く消費者心理 失業見通し・収入見通しはともに過去最悪
No.117 再び悪化した消費者心理 萎縮状態が続く消費意欲
No.116 悪化に歯止めがかかった消費者心理 回復の動きはなお鈍く、依然として水準も悪い
No.115 大幅に悪化した消費者心理 消費者の景気・収入・失業見通しは過去最悪、冷え込む消費マインド
No.114 消費者心理の改善は再び停滞 大幅に悪化した消費者の景気見通し
No.113 消費税ショックから立ち直った消費者心理 先行きの消費増加にはなお慎重
No.112 消費者心理に再び改善の兆し 引き続き鍵を握る収入と雇用の見通しの改善
No.111 収入と雇用の見通しが鍵を握る消費者心理の改善 消費者のほぼ半数が駆け込み消費を実施、意外に多かった乗用車の駆け込み
No.110 消費税引き上げを目前に大幅に悪化した消費者心理 消費マインドはさらに萎縮
No.109 消費者心理に悪化の兆し 懸念される消費マインドの萎縮